花粉症の薬は重症度で使い分けるべき?

花粉症の薬にも幾つか種類がありますが、どの薬を使えば良いのでしょうか?

花粉症の症状は人それぞれ異なり、軽症や重症など状態に合わせて治療方法が異なるため、医薬品を使い分けて症状を改善しましょう。

花粉症の人が花粉を吸うと、体内からヒスタミンなどのアレルギーの原因物質が放出されて目や鼻に悪さをしてしまいアレルギー症状を引き起こすのです。

第二世代抗ヒスタミン薬は種類が多く、ヒスタミンが悪さをしないように防いだり、アレルギー症状を抑えられる薬であり、眠気や作用の強さは薬によって異なります。

鼻噴霧用ステロイド薬は名前の通り鼻に噴霧する医薬品ですが、抗炎症作用や抗アレルギー作用などがあり、鼻に対して作用する薬なので花粉による鼻の症状で悩んでいる人にオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です