漢方薬はどうやって選ぶ?

体の不調を感じた時には漢方薬がオススメですが、ドラッグストアなどで購入する時に、どうやって自分に合う漢方薬を選べば良いのでしょうか?

西洋医学や現代医学では、医師と話したり精密な検査をする事によって体の不調の原因を調べますが、東洋医学では長めに時間をかけて患者さんの話しを聞いたり、舌や脈のチェックや腹部の触診によって不調の原因を調べるのです。

東洋医学では、患者さんが感じている不調に対して東洋医学の診断方法によって、東洋医学の考えである陰陽や気血水、五臓や風暑湿燥寒に変換する事ができ、東洋医学の治療方法に当てはめる事ができますよ。

市販されている漢方薬のパッケージを見てみると、説明がとてもややこしいと感じるかもしれませんが、これは東洋医学の考えを端的に書かれているため、漢方薬について知りたいのであれば専門医に相談すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です