睡眠薬は症状に合わせる事が大切?

睡眠薬にも幾つか種類がありますが、クリニックで処方される薬は睡眠導入薬、ドラッグストアで購入できる薬は睡眠改善薬と呼ばれていて、持続する時間や効力など内容に違いがありますよ。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は依存性が高く、服用する事でふらつきなどの副作用が出ると言われていますが、持続時間は薬によって異なるのだそうです。

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬はベンゾジアゼピン系の薬よりは依存性が低くなり、持続時間も短いので、高齢者に処方される事が多いそうです。

メラトニン受容体作動薬はメラトニンを増やすための薬であり、睡眠時間を増やす目的で処方される薬で、オレキシン受容体拮抗薬は比較的新しい薬であり、眠りやすくなる体作りを目的としている薬なのです。

睡眠薬の服用を自分の判断で止めずに、医者と相談して服用について考えると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です