鼻炎薬の選び方

今回は鼻炎薬に含まれている成分から、どういった鼻炎薬を選べば良いのかをご紹介致します。

まず、鼻炎薬には抗ヒスタミン薬「単剤」のもの、抗ヒスタミン成分と抗コリン成分が配合した「配合剤」、ケミカルメディエーター遊離を抑制する成分の単剤であるケミカルメディエーター遊離抑制薬「単剤」のものがあります。

抗ヒスタミン成分はアレルギー反応で放出されるヒスタミンを抑える成分で、鼻水やくしゃみ等の全体的なアレルギー反応を抑える力があります。
ケミカルメディエーター遊離抑制成分は、アレルギー反応を起こす成分の放出自体を抑えることで、全体的なアレルギーを抑える役割があり、抗コリン成分は鼻水を分泌させる成分をブロックして鼻水を抑えるなど、それぞれに異なった特徴があるのです。

鼻水が辛いのなら抗コリン成分の鼻炎薬を、全体的なアレルギー反応を抑えつつ眠気も抑えるには抗ヒスタミン成分やケミカルメディエーター遊離抑制成分がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です