偽造バイアグラの健康被害、製造工場など

バイアグラには医師の処方栓というものが必要になってきますが、しかし個人輸入を利用することによって処方栓なしでも手にすることができてしまいます。
しかしそういった方法で入手しますと偽造のお薬を手にしてしまい健康を害してしまう可能性が高くなってしまいます。

日本で使用されている偽造の薬のほとんどは中国で使用されているということです。映像の中に製造工場が撮影されていますが、これは明らかに薬を作っても良いような環境ではありません。

また、錠剤の着色料は、食用のものではなく塗料の青色のペンキを塗っているということですので、口に入れることを想定していないということになりますので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です