傷薬の効果

紙やカッターなどの刃物でちょっと指を切ってしまったりした場合、傷薬を使うと思います。
傷薬には塗るものや霧吹きのように吹き付けるものなど様々なものがありますが、これらの傷薬は傷に対してどのような効果をもたらすのでしょうか。

人の体には元から自分の体に出来た傷を治す力がありますが、その力を邪魔するのが細菌です。
いつもは皮膚が体を守っているので細菌が体内に入ってくることはありませんが、怪我をするとその傷口が入口となり、細菌が入ってきてしまうのです。
傷薬はこの細菌が傷口から侵入するのを防ぐ為に活躍するお薬と言えます。

しかし、怪我をしたらすぐに傷薬を使った方が良いのかと言うと決してそう言う訳ではありません。
なぜなら人の体の中には細菌と戦う白血球がいるのですが、傷薬は細菌だけでなく白血球まで殺してしまうからです。
そのため、最近では傷薬を敢えて塗らないで、白血球に完全に任せてしまう治療法もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です