花粉症の治療薬

花粉症の治療薬として、抗ヒスタミン薬であるd-クロルフェニラミンマレイン酸塩とステロイド系薬剤のベタメタゾンの2つの有効成分の入った合剤を使うことがあります。
病院で処方される時には「セレスタミン」と呼ばれる薬で処方されることが多いです。

アレルギー反応を引き起こすヒスタミンをブロックし、くしゃみや鼻水などの症状を緩和、さらに全身の炎症反応を抑えてくれます。
花粉症の方、アレルギー反応をコントロールできない方にとって、非常に助かる薬であることは間違いありませんが、眼圧が高い方や緑内障、排尿が困難な前立腺肥大のある方に関しては、セレスタミンは使用できません。
またステロイド成分があることから、長期間ではなく、短期間で使うことが勧められています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です