酔い止めの薬について知っておこう!

過ごしやすい秋になり、車などで出かける機会が増えるかもしれませんが、空腹時や満腹時や寝不足などの時には乗り物で酔いやすいと言われていますので、酔い止めの薬を持っていくのがオススメですよ。

酔い止め薬は、錠剤や液剤、チュアブル剤やドロップ剤など薬の形状が様々ですが、乗り物に乗る30分前から1時間前くらいに服用しておくと良いのだそうです。

酔い止めの薬を服用する際には、風邪薬や咳止めの薬、胃薬や鎮痛薬、鼻炎薬や睡眠改善薬と併用する事ができませんので、副作用を出したくない方は注意しましょう。

心臓病疾患や緑内障、排尿困難などの症状を患っている方は、酔い止め薬を購入する前に医師や薬剤師に相談する必要があるのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です