薬剤師も勧める、処方箋のチェックとは

医師の診察を受けたら処方箋を発行されますが、その処方箋の内容をきちんと見ているでしょうか?

処方箋の内容が難しいので読まずに薬を服用している方も多いかもしれませんが、処方箋の内容に不備があって薬の種類や投与量が間違っていた場合には、患者側が気づくことも大切なのです。

処方箋に不備が見つかったら、疑義照会で医師や薬剤師に問い合わせして確認を取る必要がありますので、早めに気づいて対応してもらわなければなりません。

謝罪や調剤して一から薬を作り直す必要があるので患者側を待たされますが、患者側の負担を軽減する事にも繋がりますので、処方箋を貰ったら処方日数や回数などを確認して、どんな薬があるのかを見ておくと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です