市販薬と処方薬、花粉症の薬に違いはあるのか?

花粉症には種類や時期がありますが、市販薬と処方薬では花粉症の薬にどのような違いがあるのか知っていますか?

薬局の市販薬は処方薬よりも割高な値段設定になっていて、アレルギー治療には抗ヒスタミン剤が使われていますが、薬局の主に副作用が少ない第二世代の抗ヒスタミン剤の市販薬は、効果や副作用などが異なりますので薬剤師に相談しましょう。

処方薬は健康保険により3割負担で購入することができますが、薬局では健康保険が使えないので全額が自己負担になってしまうのです。

1ヶ月以上など長期間の薬の服用を考えているなら、薬局で買うより処方薬を買った方がお得なのです。

花粉症は早めの治療が大切ですが、病院に受診する時間が無いならセルフメディケーション税制を利用すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です