煎じ薬ってどうやって作るの?

薬を飲む方法はいろいろありますが、今回は煎じ薬の飲み方についてご紹介いたしますので参考にしましょう。

漢方薬には煎じて飲むタイプの薬があり、生薬の入ったパックを袋のまま土瓶か土鍋かガラスポットに入れて煎じるのですが、鉄やアルミなどの金属製のお鍋は薬の成分が出にくいのでオススメできません。

ポットなどに漢方のパックと600ccの水を入れますが、水道水か軟水か国産のミネラルウォーターを使用しましょう。

火にかけて沸騰するまで強火で熱したら、沸騰したら弱火で30分から40分ほど煎じますが、ポットの蓋は取っておくと良いでしょう。

中のパックを取り出したら、熱いうちにコップに注ぎ、1杯分が1回分になりますので1日3回食前に服用して、2〜3回目の分は冷蔵庫で保存しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です