漢方薬にも副作用がある?

体に優しい漢方薬にも副作用がありますので、服用する際には注意する必要がありますよ。

西洋薬に比べれば漢方薬の副作用は少ないですが、まれに重大な症状を引き起こす恐れがあり、漢方薬そのものに原因がある場合と薬の服用方法が間違っている場合、服用する人の体質やその日の体調も副作用の原因と言えます。

注意が必要な副作用の症状として、間質性肺炎や偽アルドステロン症や肝機能障害、皮膚疾患や消化器の症状が表れることがあり、これらの症状が出たら早めに医師の診療を受けましょう。

生薬も症状を改善するだけでなく過剰摂取には注意が必要ですから、漢方薬だから大丈夫と思わずに薬の説明をきちんと読んだり、複数の薬を併用する場合には医師に相談してから服用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です