漢方薬って何?

東洋医学で用いられる漢方薬は、近年では医療期間でも取り扱うことが増加しており、確かな効果が得られますので漢方薬についてご紹介いたします。

漢方薬は中国伝統の薬の事であり、植物や鉱物や動物などの自然の天然物を生薬として使用していて、生薬は患者さんの体調や症状に応じて数種類を組み合わせて処方されるのです。

漢方は、古くからの研究の積み重ねから発展してきた考え方であり、その人自身が本来持っている自己治癒力などを利用して病気を治していくのです。

漢方薬には西洋薬と同様に副作用があり、処方によっては何らかの症状が表れることがあるようです。

人それぞれ症状は多少異なりますので、その時に表れる症状に合う処方を行っているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です