湿布薬にも副作用がある?

内服薬だけでなく、外用薬にも知られざる副作用がありますので、使用する前に理解しておくと良いでしょう。

湿布薬は、肩や腰の痛みや不調を感じる患部に貼り付けて痛みを和らげる効果がありますが、患部は血行が悪くなっていて、老廃物が滞ってしまっているので、血液の循環を促すことが大切なのです。

湿布薬には消炎鎮痛剤と呼ばれる成分が含まれていて、これにより血管が開く物質を阻害して、血管を閉じるような働きをしながら炎症を抑えているのです。

患部の痛み物質と血流を抑えるので、痛みを一時的に抑える事ができますが、壊れた組織を修復する働きを止めてしまっていますので、血流が悪いというデメリットがあるのです。

痛みを麻痺させているだけなので、根本的な解決にはなっていないということを理解しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です