一般医薬品の分類

お薬には医師からの処方が必要な医療用医薬品と、ドラッグストアなどで購入できる一般用医薬品の2種類があります。

一般用医薬品は誰でも気軽に購入できる分、より安全性に配慮しているので効き目は控えめです。
更に薬の強さによって「要指導医薬品」「第一類医薬品」「第二類医薬品」「第三類医薬品」に分けられているのが特徴で、前者から順に効果が高くてリスクも高いものになります。

要指導医薬品、第一類医薬品に関しては特にリスクが高いので、薬剤師からの指導を受けて購入する義務があります。
一般用医薬品の服用には自己責任が強く関わってきますので、決められた用法容量を守って服用するようにしましょう。
取扱説明書に記載されている期間服用してみて症状の改善がない場合は医師の診断を考える必要もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です