抗不安剤の依存や耐性はあるのか

抗不安剤にたいして依存や耐性が協議されているようですが、まずは耐性についてこちらのお医者様は長年抗不安剤を患者さんに提供していますが、耐性の面はあるかもしれないが、それほどの大きく耐性はできては居ないように感じるとおっしゃっています。

抗不安剤は多くても6錠程度で10錠ほどほしいといった患者さんは非常に稀でありますので、耐性についてはそれほど深刻にならなくても良いとのことです。

依存はどうかというと依存はあるようです。これはお医者さんがどうかと聞きますとこの薬をきらないで下さいといったことは多くあるといわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です