薬との上手な付き合い方

薬は正しい用法・用量を守って飲むことが大前提ですが、自分の判断で辞めたことがある人はとても多いですよね。
その減らしたり、辞めたりする中でも、患者様が自己判断で飲む回数を1回減らしてしまうというパターンが多く、こうして残った薬”残薬”はお金にすると年間約500億円分にも及ぶというデータが発表されたのです。

この残薬を減らす為に、薬局で残薬を回収する為の袋を設置し、この袋に入っている薬を薬局で仕分けするという取り組みをしているのです。この取り組みの内容は、処方箋を出した医師に薬剤師から、どの薬がどれだけ残っているという報告を入れることで残薬の無くなる服薬を促すというものなのです。この取り組みで残薬が減らせるといいですね。

その他にも、お薬手帳を持つといいそうですよ。他の病院と連携したお薬手帳を持つと良くて、薬剤師や医師が薬の管理ができますし、報告する時にとても便利だったりするので、薬と付き合う上でお薬手帳はとても大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です