個人輸入薬と処方薬の金額の違い

医師から処方される薬と、自分で輸入して薬を購入するのでは大きく金額に差が出ます。

例えばAGA治療薬プロペシアの価格を比較してみると、病院の場合はプロペシア約7,000円程度の他にも大体5,000円程度の診察料も発生します。
AGAの治療は長期間を有するので、薬代だけ考えても半年で約42,000円かかってしまう計算になります。

では個人輸入でプロペシアを購入した場合は、もちろん医師の診察を受けていないので診察料は0円になります。
有名な個人輸入代行サイトではプロペシアは約6,000円程度で購入できるので、半年で考えて約36,000円で購入できる事になります。
さらに病院の場合はその都度にかかる診察料の事も考えなければなりませんから、金額的な面で言うと個人輸入の方が圧倒的に安く購入が可能です。

ただし個人輸入はあくまでも自己責任になってしまうので、まず一度ちゃんと医師の診察を受けてから自分の薄毛に合う薬を教えてもらい、継続的に薬が必要なら同じ薬を個人輸入していく、というようにすると多少安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です